ファイナンスで企業の最大化を図る【ファイナルアンサー】

real estate

国が発行元

国債の固定と変動の種類と最近の動向

国債は国が発行元となっている金融商品です。そのため、国の財政規律が保たれている限りは一定の期間を保有すれば、確実な利回りが期待できます。したがって、安定運用をするには最適な金融商品と言うことができます。国債の種類としては、固定と変動の2つが用意されています。通常、国債の利回りは物価動向や金融政策などによって上下に変動をすることになります。しかし、固定のタイプでは一定の期間を保有すれば、予め決められた金利を得ることが可能です。固定のタイプには保有期間が3年と5年の2つの種類が存在していて、好きな方を選ぶことができます。また、変動のタイプは10年ものがあり、将来の利回りは物価の変動などによって動くことになります。しかし、近年では将来のインフレ期待や金利の上昇を見込んで、変動タイプの国債を選ぶ人が増えている傾向が出ています。

個人投資家でも購入が可能に

従来の国債というのは、金融機関などの機関投資家しか購入ができない金融商品でした。日本では銀行の預金の運用先として国債への買い需要が高く維持されている状況が続いてきたからです。しかし、近年では国の発行する国債の金額が増えてきたことから、機関投資家以外にも広く販売をしていく必要性が生まれています。そのため、今では個人投資家向けの国債が証券会社などで購入が可能です。個人向けの金融商品が発売された当初は、発売された日の販売が打ち切られるほどに人気でした。しかし、近年では販売開始日でなくても、余裕を持って購入ができるように変化しています。むしろ、最近では国債の販売促進のために、証券会社が独自に購入者に対して商品券を付けたりするなどの優遇措置が取られるケースが出てきていて、お得感が増しています。