ファイナンスで企業の最大化を図る【ファイナルアンサー】

real estate

子供向けに開発

キャッシュフローゲームの種類としては3種類のものがあります。 バージョン101・202・キッズという3種類から構成されており、ほとんどの方はバージョン101を体験しているものと思います。 キッズというのは子供向けに開発されているゲームとなっていて、子供でも理解できる内容に構成されています。お金を教育していきたいという方やゲームを通じて実社会を経験させたいという方にはオススメできるものです。 バージョン101と202の違いについては、お金のやり取りが複雑になります。実社会でもお金のやりくりの仕方がありますが、より経営者側のお金の管理の仕方が問われてきます。 ゲームのやり方はシートに沿って構成されているので分かりやすく楽しめます。

キャッシュフローゲームの特徴としては自らお金について学びたい方を対象として考えられています。キャッシュフローゲーム自体の価格は19800円するものであり、意欲が無ければ購入しようと思わないものになります。逆に使えば使うほど自分の知識は向上していくということです。 キャッシュフローゲームを元々生み出した理由としてはロバート・キヨサキが考案したものなのですが、この方の知識を共有しようとしてなりなっていることです。 お金持ちになる方法はどのようなことなのかということを大前提として構成されております。この方法がいかに短期間でおこなっていけるのかを説明しているのが、金持ち父さん貧乏父さんの中で紹介されているキャッシュフローゲームなのです。